結婚指輪のデザイン

二人の結婚の誓いとして購入する結婚指輪ですが、見栄えよりも普段つけやすいデザインを選ぶことが重要です。

結婚式のプログラムやウェデイングドレスについては女性の好みを優先しても構いませんが、結婚指輪に関しては男性の好みを重視すべきです。

女性が直感的にカワイイと感じるデザインは、男性は職場など外で結婚指輪を付けている姿が人目に触れることが多いので配慮が必要です。

変わったデザインや色の指輪を付けていると、営業の時に初めて合った相手に与える印象が悪くなるので、男性は無難なデザインを好むことが多くなります。

思いを詰め込んだ婚約指輪と違って結婚指輪は、普段からつけているのでシンプルなデザインの方が効果的です。

もし、大きなダイヤモンドがあると、家事をしたり手袋をはめたり、子供の肌に触れる時に邪魔になるので、あっさりしているくらいのデザインの方が無難でしょう。

※おすすめリンク→http://news.livedoor.com/article/detail/10586077/

大きなダイヤモンドが付いていたり、派手なデザインだと普段からつけているのは大変ですが、だからといってカジュアルなデザインにしてしまうと正式な場所につけて行けなくなります。

使いやすいデザインというのは、外に出かける時も、ビジネススーツを着ても、ほかの状況でもある程度は似合うように作られているので、カジュアルなデザインよりは、どんな状況でも合うデザインを考えるべきです。