結婚指輪の素材

結婚指輪を買う時に考えるのが値段、デザイン、色、ダイヤモンドがついているかなどですが、結婚指輪にどんな素材を使っているかも考えなければなりません。

日本で圧倒的に人気がある素材はプラチナです。

金属としての硬さは金の方が硬いですが、プラチナは変色しにくく、アルカリや酸、熱にも強い素材で、長い間使い続けても朽ち果てることがありません。

重さもあるので重量感が出て、指輪としての存在感が有り、ダイヤモンドとの相性もいいことから結婚指輪の素材としては絶大の人気があります。

プラチナは変化しにくく、いつまでも輝き続けるので、相手への不変の愛情を表現するのに絶好の素材といえます。

日本国内ではプラチナが圧倒的な人気がありますが、海外では結婚指輪はゴールドの方が人気が高く、プラチナと比べると値段も安く済みます。

ゴールドは傷がつきやすく、変形しやすい気がしますがプラチナと同じくらいの硬さがあり、長い間つけていてもほとんど変化はありません。

基本色はイエローなので、ダイヤモンドと合わせると見栄えは良くありませんが、日本人の肌には合っているという人もいます。

最近では個性的なデザインの結婚指輪が人気があり、ゴールドの指輪の両側をプラチナの指輪で挟んだデザインも人気があります。

二つの人気のデザインを組み合わせたデザインの結婚指輪は、華やかで贅沢な印象を与えるので、違うアクセサリーやよそ行きの洋服と合わせると効果的です。